背広の人

交通事故の示談代行のことなら弁護士に相談しよう

マイナスの財産を承継する

男性

法律の専門家に相談する

相続は、亡くなった者の財産や債務を承継することです。財産には現金、預貯金、債券、貴金属、不動産など資産があります。債務には借入金、買掛金、未払い金などの負債があります。資産と負債の全財産を無条件で承継することは、単純承認と云われています。資産から負債を差し引いた部分が、マイナスになる場合もあります。親の借金を子供が払うことになりますが、この場合、相続にかかる税金は発生しません。このような場合には、相続を放棄することが有効です。相続の放棄はマイナスの財産を承継することになった場合に、財産や債務の全ての相続を放棄するものです。裁判所に相続を放棄する申し立てを3ケ月以内に行う必要があります。相続の放棄を行った場合には、後日、新たな財産が発見されても財産を承継することができません。限定承認は、承継する資産の範囲内で負債を引き受けるものであり、負債の金額が不明な場合に有効です。限定承認は、相続人全員の共同で3ケ月以内に裁判所に申し立てる必要があります。一人でも単純承認を希望した際には、限定承認を申し立てることはできません。東京都は日本最大の都市であり、多数の人間が暮らしています。東京都内の土地の値段は非常に高いため、相続税の課税を受ける者は非常に多くなっています。東京都内には、多数の弁護士や司法書士が事務所を設置しています。東京都内で相続放棄や限定承認を行う場合には、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することが効果的です。

Copyright © 2017 交通事故の示談代行のことなら弁護士に相談しよう All Rights Reserved.