男性

交通事故の示談代行のことなら弁護士に相談しよう

マイナスの財産を承継する

相続とは死亡した者の財産などを受け継ぐことです。しかし財産だけでなく債務も相続には含まれるので、債務の方が大きかった場合は相続放棄することができます。東京都内には弁護士事務所や司法書士事務所があるので、彼らに相続放棄や単純承認などのアドバイスをもらいましょう。

さまざまな手続きや申告

高齢化社会となり、横浜エリアでも相続問題を抱える人が増えてきました。相続に関する手続きは、基本的な届出から複雑な手続きまで多岐にわたり、専門家に相談することが大切です。特に遺産分割で争うケースでは弁護士への依頼が必要となりますが、最近では相続問題をトータルでサポートしてくれる法律事務所も人気です。

頼もしい示談の代行

事故現場

保険会社に任せられない時

交通事故の被害に遭った時に弁護士に相談するケースは、主として2つ考えられます。まずは、保険会社が提示する示談金の額に納得できない場合です。任意保険に加入していれば、保険会社が相手との示談を代行してくれます。それは非常に有難いことなのですが、保管会社が行う示談には任意保険基準という取り決めがあり、任意保険基準以上の示談が成立することは、まずないのです。同じ交通事故でも、弁護士に示談の代行を依頼すれば、弁護士基準での示談成立が期待できます。弁護士基準は過去の判例に基づいた基準で、任意保険基準よりも高い基準であり、当然、示談金も高くなります。よって、弁護士に相談することが賢明なのです。もう1つの相談するケースは、もらい事故の被害に遭った時です。もらい事故とは、自分に一切の過失がない交通事故のことで、例えば、停車中に追突されたといった交通事故が、もらい事故です。もらい事故の場合、保険会社は示談の代行ができないことが法律によって定められています。但し、相手は保険会社の示談代行が可能であり、ということは、素人とプロとの間で行われる示談となります。当然、相手有利の示談となりますから、一切の過失がないにもかかわらず、少ない示談金しか得られないということになってしまうのです。その点、弁護士は、もらい事故の場合でも示談の代行が可能です。従って、もらい事故被害に遭った場合は、直ちに弁護士に相談した方が良いと言えます。弁護士に相談する機会など、通常はありませんから、どうやって相談するか分からないものですが、電話でもメールでも相談は受け付けていますから、案外、容易いものです。

弁護士に依頼しよう

遺産相続を弁護士に依頼するメリットは多岐にわたります。遺産を最大化して、手続きをスムーズに行いたいなら弁護士に依頼しましょう。相模原で弁護士を探す時は、遺産相続を専門に扱っている事務所を選んでください。

Copyright © 2017 交通事故の示談代行のことなら弁護士に相談しよう All Rights Reserved.